オカリナはじめました

オカリナに関するあれこれと、ドラマや映画の感想。日常の出来事もという欲張りブログです

職場で健康診断がありました。

健診当日の朝です。
血液検査があるので、食事はだめです。
コーヒーも、紅茶もダメ。
でも、お茶と水だけは飲んでも良かったはず。
飲んじゃえ。
水をゴクリ。
お茶をゴクリ。

出勤して 仕事を始めました。
9時に健診が始まりました。
おなかすいた~
のどもかわいた・・
はやく 健診を終わらせてスッキリしたい。
でも 仕事のキリがつかない

明日も健診があるから 明日にしようか。

迷いながら、仕事を続けてると、マネージャーが来ました
「健診、いつ、受ける?」
「明日にしようかと思っていたところです」
「それでもいいよ。健診を受けるのは義務だから、健診を受けて 勤務時間がオーバーしてもかまわないから。」
「はい」
ほっとしました。
ふだんは 定時に帰らないと まわりの目が厳しいけど、今日だけは大丈夫。
マネージャーには、明日と言ったけど、今日 受けてしまおう。

健診の場所に行き、問診票を受付に置き 三分ほどして 名前を呼ばれました

①身長、体重測定
②検尿
③血圧測定
④血液検査
血液検査の時に、質問されました
「三時間以内に、お茶と水以外の物を口にしましたか」
「いいえ」
良かった。やっぱり、お茶と水はOK でした。

*これは、あくまで血液検査を受ける場合の話です。健診内容によっては、お茶や水も制限されることもありますのでご注意ください
⑤視力
「数字の下の記号の 開いている方向を言ってください」
「5番」「右」
「6番」「左」
「7番」「下」
「8番」 
・・ぼやけて よく見えません「うーん 右・・かな」・・
結果は 眼鏡店で測った視力と同じでした。
⑥聴力検査
「ヘッドフォンから 音が聞こえたら ボタンを押してください」
耳を澄ますと「キーン」という音が聞こえました。4回めの音までは 順調に聞こえたのですが 次の音が聞こえません。
「この音、聞こえませんか」
「はい」
低い音が 聞こえにくいという検査結果になりました。
⑦腹囲測定、心電図検査
この検査が いちばん待ち時間が長かったです。
心電図検査は、手首と足首と胸に電極をつけて 測定します。検査は すぐに終わりましたが、身支度に時間がかかりました。
⑧内科健診
医師が聴診器を使って健診します
⑨レントゲン検査
「金具や、ボタンのついた服などは脱いで 病衣に着替えてください」
着ていたポロシャツを脱ぎ、病衣を着ました。
「はい。こちらに立ってください」
「大きく息を吸って~ 止めて~ はい、そのまま!」
「はい、終わりました」

ようやく、すべての項目が終わりました。待ち時間が長かったので全部で50分くらいかかりました。

はたして どんな結果が出ることやら・・・

部屋が散らかった💦💦
miyuki0001

片付けなきゃ・・

*まず 衣類を洗濯機へ入れる。
miyuki0002

*次は、バッグを所定の場所へ置く。
miyuki0003

ようやく、床が見えてきた。

*箱ティッシュとスリッパを、棚に置く。ゴミはゴミ箱へ。
miyuki0004

*次は、椅子の上の物を片付けてから、椅子を片付ける。コンセントタップは ずらす。
miyuki0005

*床をクイックルワイパーで、きれいにする。
miyuki0006

*そして、引き出しを きちんと閉めて、邪魔なコードを スッキリさせて、ガムテープなどを はがす。

片付きました。
miyuki0007

床が見えるとスッキリしますね~。

[片付けのポイント]
①物を指定席に戻すこと。
今回は、箱ティッシュ、バック、スリッパを 棚に戻しました。

②片付ける範囲を限定すること。
広い範囲を片付けようとすると 片付ける前から うんざりしてしまって なかなか行動が起こせません。
狭い範囲に限定すると、やる気が起きて、短時間で終わり、達成感を得られます。

今回は、リビングの一部分に限定しました。

[これからの課題]

・片付けた状態を維持する
・物を増やさない
・1年間 使わなかった物は捨てる・・・捨てる作業は けっこう大変です。また、いつか「捨てる」をテーマに書きたいと思っています。

いよいよ、本番の日になりました。ディサービスセンターの利用者さんの前で、演奏します。
リハーサルなしのぶっつけ本番です。

ドキドキしているのも束の間、始まりました。

最初は、先生と先輩3人で「北国の春」の演奏です。

♪しらかば~あおぞ~ら

美しいオカリナの音色が会場に響き渡りました。

次は、初心者の私たちの「月」の演奏に合わせて、利用者さんが、簡単な振り付けで 手を動かすという企画です。

私は、この曲の
♪ま~るい ま~るい まんまるい のところが 苦手です

イントロが流れて
イチニイノサン
♪でたでた つきが
 ま~るい ま~るい まんま るい・・・

多少、おぼつかないところはありましたが、まわりの人がカバーしてくれました。

利用者さんたちは、とても楽しそうでした。

次は、曲名当てクイズです。

「わかった人は手を上げてくださいね」

先生が ワンフレーズを演奏すると
「はい!荒城の月!」
「正解!」
拍手と歓声が上がりました。

こんな感じで、盛り上がりながら、プログラムは 進んでいきました―

「人形」
「かごめかごめ」
「はと」
「エーデルワイス」

練習した曲を なんとか無事に演奏することができました。

そして、急遽 追加された
「春の小川」

この曲が いちばん うまくいきました。

最後は、演奏者全員で利用者さんお一人お一人と握手をしました。
「ありがとう」と笑顔で声をかけてくれた女性や、涙ぐんでいた男性・・
その姿に、こちらのほうが、胸がいっぱいになりました。

こんなにも、演奏者と聞いてくださる方々が一体となれる機会というのは、そうそうないと思います。

こうして、私の はじめての人前でのオカリナ演奏は、感動いっぱいで幕を閉じました。

このページのトップヘ