オカリナはじめました

オカリナに関するあれこれと、ドラマや映画の感想。日常の出来事もという欲張りブログです

オカリナ教室に通っていると、これがあったらいいなぁと思うものが、出てきませんか。

ここでは、レッスンで、絶対に必要なもの★★★★★から、あったら便利だけど、なくても別に困らない★というものまで いろいろ 紹介します。
★の数も参考にしてください。



♪楽譜ファイル ★★★
バンドファイルA4版 リング式40ページ(20シート)
・練習の時に 楽譜をファイルに入れたままで 書き込みができます。
・ステージ演奏の時、照明による反射がありません。



 ♪トートバッグ ★
のだめカンタービレ ピアノレッスンバッグ 最終楽章モデル 鍵盤バッグ
・教本や楽譜ファイルを入れるのに ちょうどいいサイズです。
・ピアノの鍵盤の柄が かわいいです。



 ♪譜面台 ★★★★★
KC 譜面台 軽量スチール製
MS―200J/BKブラック(ソフトケース付き)
・楽譜や教本を置く台です。
・折り畳み式で、軽量なため、持ち運びに便利です。
・練習でもステージでも使います。



♪譜面台ラック ★★★
YAMAHA MS―RKDX 譜面台ラック デラックス
・譜面台に取り付けて、チューナーや筆記具などを置けるラックです。
・軽くて使いやすいです。

最近、心から笑ってないなぁ。
そんなふうに思うことはありませんか。
そんなあなたにお薦めの本です。

この本は、2015年12月に株式会社メディアソフトから出版されました。
おかんからの笑えるメールを集めた本のパート2です。

今から1年前、書店で なにげなく手に取ったのが この本でした。
読んだとたん、吹き出しそうになりました。

入力ミスや変換ミスに勘違い。おかんならではのメールが満載です。

その場では笑いをこらえるのに必死でしたー

今でも、時々、本棚から引っ張り出して 読んでは笑っています。

コメントも最高ですね。

ここまで間違う?
件名:どぶつえん!!
本文:おばあちゃんとみんなと、どうつぶえんに行ったよ!どつうぶえんの中のレストランのパフェがすごいおいしかった!おばあちゃんが、こんどはあんたも一緒にどぶうつえん行こうね、だって!

何の親子ができるのか・・・
件名:買い物おねがい
本文:親子丼作るから、牛肉買ってきて むねで

落ち着くにはもう少し時間が必要・・
娘:電話くれた?どうした?
おかん:いやもう平気だけど・・・さっきゴキブリの部屋におかあさん出てきて飛び上がったわ

いかがでしたか。
ここに掲載したメールは ほんの一例です。
あなたも、ぜひ、この本をお手に取ってみてください。


送料無料/爆笑!おかんからの珍メール・謎メール 2

【中古】 おかんメール /おかんメール制作委員会(編者) 【中古】afb

おかんメール(2) [ おかんメール制作委員会 ]

おかんメール(3) [ おかんメール制作委員会 ]

おかんメール4 [ 『おかんメール』制作委員会 ]

おかんメール5 [ おかんメール制作委員会 ]

おかんメール6

私は、自他ともに認める方向音痴です。
それでも 普通に車を運転してますが・・。
都会で暮らすのは自信ないですね。
道で迷うよりも、建物内で迷うことのほうが圧倒的に多いです。

今まで迷った例をいくつかあげると・・

・子供の学校で迷った①

複雑な構造の校舎でした。
体育館で発表会を見たあと、帰るために玄関に向かおうとしましたが、なぜか 目指した先に玄関がないのです。

あれ、おかしいな💦
思わず ママ友にケータイで電話しました。
「体育館から玄関に戻れなくなったんだけど、どう行けばいいの?」
「は・・?」
ママ友が電話の向こうで きょとんとしている様子が 伝わってきました。

・子供の学校で迷った②
三者面談の日、息子から「玄関入ってすぐの階段を右に曲がって まっすぐ進むと教室がある」と教わっていたので、その通りに行ったつもりでしたが、迷いました。

近くにいた先生に、教室はどこか尋ねると「こちらです」と、案内してくれる様子。恐縮しながら 歩き出すと、前方から 歩いてくる息子の姿が見えました。

その先生に お礼を言い、息子の所に行くと「右に曲がると教えただろ」と言われました。どうやら、私は、逆に曲がってしまったようでした。


・公民館に行くと、入った玄関と 出る玄関が、毎回違う❗❗

玄関が たくさんある公民館に 月1で通っていました。

入る時は 駐車場から いちばん近い玄関から入っていましたが、出る時は、いちばん先に目についた玄関から出ていました。

毎回 そのパターンでしたが、困ったのは雨の日でした。入った玄関の傘立てに傘を入れたので、そこから出なければいけないのですが、その玄関がわかりません。でも、人にも聞けません。

そんなわけで、雨の日の帰りは、いつも傘を探して、公民館内をうろうろしていました。

・家族で泊まったホテルで迷った

家族で旅行に行つた時のことです。一階のレストランで朝食をとり、部屋に戻るのに、エレベーターに向かおうとしました。が、エレベーターの場所がわかりません。

あれ?と思っていると、当時2歳の息子が「ママ、こっちだよ」と手を引いて連れて行ってくれました。

どうやら、方向音痴は遺伝しなかったようです。

方向音痴というのは、文字どおり、方向がわからなくなるということです。
つまり、東西南北が頭に入っているかどうかです。

ですから、自宅周辺や、よく行く場所では、方角がわかるので迷わないのです。

私の場合、一歩 建物に入ると とたんに方角が わからなくなります。
だから 建物内で迷うのです。

共感できる方、いませんか?

このページのトップヘ